ソーラーシェアリング ⇔ 環境調和型の市民発電

ソーラーシェアリングは、基本的に太陽光パネルの下で耕作を行う環境配慮型の施行方法です。私たちはこの未来ある技術を積極的に利用することで自然エネルギーの健全な広がりに寄与してまいります。

 

私たちはソーラーシェアリングの創始者『長島 彬』先生(CHO技術研究所)の指導を直接受けながら環境負荷が少なく安定したスキームを活用して施工に取組んでまいります。(写真右:『匝瑳第一発電所プロジェクト・リーダー』椿茂雄)

 

私たちは関連会社である農業生産法人【Three little birds合同会社】とがっちり共同してソーラーシェアリングと有機農業によって耕作放棄地を再生すると同時に、農業生産法人【株式会社Re】と共同してソーラーBeerなどの六次産業化や古民家を再生しての農村民泊事業などを積極的に推進してまいります

 

私たちは、敷地内をコンクリートで固めたり、除草剤を撒いて草が生えなくしたり、建設にあたってすでにある緑を剥がすような『土が呼吸できなくなる』ような太陽光発電には携わりません。 また山の稜線を壊すなど水脈を無視した太陽光発電を建設もしません。