地域主導での発電所作り

一部のメガソーラーなどに見られる『植民地型』という表現がつかわれるような『お金もうけ』のイメージが先にたつような発電所ではなく、それぞれの地域の人々が中心の発電所を一つ一つ建設していきます。地域発電で得られた利益は、地域に還流していくことが大切だと考えているからです。

 

 

エネルギーが地域の手にもどってくることは、【地域再生】にとってとても重要な要素になると考えています。