バインド線とは

電線を造営材に括り付けるために使用する金属線で、鉄線に塩化ビニルコンパウンド被覆した「鉄バインド線」や、軽量でやわらかい銅で被覆した「銅バインド線」、アルミを被覆した「アルミバインド線」など、いくつかの種類がある。

TV共聴用アンテナやマストを固定するための「ステンレスバインド線」といった製品も存在し、アンテナ支線として利用されている。

耐候性や引張強度が高いため、電気工事における電線やケーブルの支持固定、電線管への電線引入れ時の呼び線といった用途で広く使用されており、意匠性への配慮から、被覆のカラーラインナップが多数ある。販売単位は300m巻きが基本で、単体長さ450mmや650mmなど、ケーブル類を支持固定するのに適したサイズでの束売りも行われている。

バインド線の太さには0.9mm2、1.2mm2、1.6mm2、2.0mm2の規格があり、径が太いほど破断強度が高い。一般的な鉄バインド線では0.9mmで20kgf(約200N)、1.2mmで35kgf(約35kg)、1.6mmで60kgf(約600N)、2.0mmで95kg(約950N)程度の引張荷重に耐える。

バインド線は、電線管路内に先行して入れ電線を引き込むために使われる「呼び線」と同様の構造をしているが、バインド線は固定用、呼び線は引入れ用として、区別した呼称となっていることが多い。

第二種電気工事士試験における「メタルラス貫通部でのバインド線による防護管固定」では、防護管となる合成樹脂管の両端ケーブル部分にバインド線を2回以上巻きつけ、保護管が動かないよう折り曲げて固定する。電気工事士試験では、バインド線の適正な使い方も審査対象となるため十分な練習が不可欠となる。

舞台などで使用するスポットライトの吊り照明を、落下防止または固定用としてバインド線を使う事例があるが、これは危険であるため避けるのが望ましい。何度も取付け・取外しを繰り返したバインド線は、金属疲労による破断を引き起こすことがあり、照明器具の落下による事故につながる。

【HP 電機施設の知識と設備>電気設備の知識と技術 より引用】

呼び径:被服内の金属線の太さをいう

シース厚:被覆の暑さ、呼び径が太くなると厚くなる。

仕上げ外径:被覆を含むバインド線の太さ(例・呼び径2.0→仕上げ外径2.8)

 

【千葉エコ匝瑳1号機】

2016年4月完成のドローン動画です!

【スマートターン初号機】

■弊社で建設を請負った『いすみ自然エネルギー㈱』のソーラーシェアリングの建設中の動画です。どうぞ全画面表示でご覧下さい!ドラマティックです。